スピーチ・プレゼン・講義・人前での話し方・話すコツとネタ 〜緊張知らずのスピーチ術〜

ジェスチャーを活用しよう


 
 
人前での話し方のコツ トップページ 人前での話し方のコツ 管理人・話太陽 プロフィール 人前での話し方のコツ 推薦話し方教材レビュー 人前での話し方のコツ 管理人・話太陽 スピーチテクニック 人前での話し方のコツ 管理人・話太陽 講演会裏話
 
 

 ジェスチャーを活用しよう オープン・ポジション/人前で話すコツ ジェスチャーを活用しよう

オープン・ポジションという言葉、ご存じでしょうか?

人と話をしているとき、相手に腕組みをされると、なんだか拒否されているような気分になります。
たかが腕組みと思われるかもしれませんが、腕の組み方は人の心理に影響を及ぼします。

腕を組むのは「クローズド・ポジション」といわれ、自分のことをガードしようとする心理的構えです。
体を半身にするのも同様です。

一方、手のひらを相手に見せながら相手に正面を向くのは「オープン・ポジション」と呼ばれています。
オープン・ポジションは、心を開いてもらっているように感じるため、相手に親近感を持ち、説得されやすくなります。

A・メラビアンという心理学者によると、企業のトップや政治家をはじめ社会的地位の高い人ほど、このオープン・ポジションをとることが多いため、このジェスチャーには信頼感があり、説得力を持つとしています。

営業マンや販売する人達も、オープン・ポジションを取ることが多いそうです。
オープン・ポジションは相手から信頼される基本のジェスチャーといえるでしょう。

ジェスチャーは言葉を補佐する重要な表現法の一つであり、講義をより効果的にする働きがあります。
是非有効活用しましょう。

ただし、言葉と反するようなジェスチャーは、聴講者の注意力を鈍らせ逆効果となりますので、注意しましょう。



人前での話し方のコツ トップページに戻る




スピーチ・プレゼン・講義・人前での話し方・話すコツとネタ 〜緊張知らずのスピーチ術〜 スポンサードリンク

外見のテクニック リストに戻る

〈サイト内の表記について〉
※1,講義、講演、プレゼンテーション、スピーチ等々。当サイトでは「人前で話をする行為」を特別な場合を除き便宜上「講義」という表現に統一させて頂きます。
※2,講師、講演者、演者、弁士等々。当サイトでは「人前で話をする人」を、特別な場合を除き便宜上「講師」という表現に統一させて頂きます。

スピーチ・プレゼン・講義・人前での話し方・話すコツとネタ 〜緊張知らずのスピーチ術〜 スポンサードリンク

 

 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
Copyright (C) hanashi.info All Rights Reserved.